《お知らせ》※準備中

生徒さんの声

Yさん(グループレッスン受講)

仲良しのお友達とグループレッスンをさせていただいております。
本人はもともとピアノをやる気は全くなく、親がやって欲しくて入会を考えていたのですが、仲良しのお友達と一緒にできるとなった瞬間に乗り気になりました。
レッスン自体は15分演奏して、お友達が残りの15分演奏している間はワークブックをやる流れになっています。
入ったばかりの頃はお友達と一緒にピアノの前に行ってワイワイ楽しそうにレッスンを受けていて、慣れてきた頃に上記の形式になったため、本人も入りやすかったのではないかなと感じております。
上記の形式になってからは、ワークブック中にお友達の演奏の中で聞いたことのある曲が出ると「この曲聞いたことある!」と興味を見せたり、家での練習の際に「できない〜」とグズグスしてしまうときも「◯◯ちゃんもいっぱい練習してるから頑張ろ?」と声をかけると頑張って練習を続ける姿があります。
今月から時間の都合で個人レッスンに移ることになりましたが、入会してから約3ヶ月間グループレッスンを受けて、楽しくレッスンを受けることや、たくさん練習して弾けたときの喜びを経験することができ、ピアノに関わる上での土台作りができて良かったなと思っております。

Aさん(大人のためのレッスン受講)

娘がこちらの教室にお世話になってグングンと上手くなり、私が弾きたかった曲を弾くのを聴いて、一念発起!約30年ぶりにピアノを再開し、レッスンを受け始めました。
音の出し方、指の使い方、曲の解釈、弾いてくださる見本演奏、一つ一つが面白いです!
年のせいか言われたことをすぐに実行する柔軟さはありませんが、それでも、少しずつ弾けるようになるのが、達成感もあります。弾きたい曲やイメージを相談しながら、楽しくレッスンを受けています。
また、子供と同じ先生に習っているので、プチ子育て悩み相談ができるのもありがたいです。
これからも、発表会やストリートピアノで、弾きたい曲を楽しんで弾いていきたい、また、子どもたちにも、何歳になっても、失敗しながらでも、やりたいことをやるのが楽しい、と伝えられれば、と思っています。

Wさん(コンクールレッスン受講)

いつも姉妹で楽しくレッスンに通わせていただいています。
ピアノを続けていることで、学校で苦手なことや上手くいかないことがあっても、自分には自信を持てるものがあるということが支えにもなっているようです。
コンクールにも挑戦させていただき、とてもいい刺激を受け、目標に向かって根気強く頑張ることを学ばせていただきました。
はじめは譜読みだけの段階だった曲が、レッスンを重ねる毎に、指先から手首、体全体の使い方から呼吸に至るまで、イメージすることも含めて細やかに教えていただくことで、表現豊かな曲に仕上がっていくのを、親子共々楽しみつつ練習に励んでいます。
これからもピアノを通して音楽の楽しさや、目標に向かって頑張ることを学んでいけたらと思っています。 

Hさん(グループレッスン受講)

ピアノなんかやりたくないし…といっていたうちの子。
保育園で仲良しの子がやるかも、と聞いたら私も!と。はじめてみるピアノや音符も、仲良しの子と一緒だとゲーム感覚ではじめることができました。
グループレッスンでは15分ずつレッスンをします。どちらが先に弾くかじゃんけんで決める姿や、お友達が弾いている姿みて早く弾きたい!とうずうずするかわいらしい姿も。待つ間も、ワークブックを使って塗り絵のように音符の読み書きが学べました。
はじめは15分だと短いかなとも思いましたが、早く進みたいからと家で練習し、いまでは七夕のお願いに「ぴあのがじょうずになりますように」とも。
きっかけがなければ中々やりたがらないけれど、熱中すると頑張れるうちの子には最適なスタイルでした。